あん摩マッサージ指圧のツボ

IMG_6655

人は疲れや痛みまた体調の異常感じたときにその部位を押してみたりさすってみたり、揉んだりすれば良くなることを人間が本能的に行っていた治療法であったと思われます。

その病んだ患部を押したり撫で擦り揉むことがその部位の疲れや痛みなどを和らげまた病気を治すことを経験的に知ってそうしたものと思われます。

押し方やさすり方もいろいろと研究を加え1つの治療法に発達したものと思われます。

マッサージは単なる民間療法としてではなく多くの医療機関でもリハビリに使われています。
医学的な研究を加えて整形外科学の発展に伴って他の理学療法とともに医療の一分野を受け持っています。

日本には昔から中国から伝わって発達した按摩と呼ばれる手技があります。

治療でも用いられてきました。
病院で使われているマッサージは、明治20年代にマッサージが輸入されたものです。
按摩法からも日本独特の技法取り入れ改良され完成したものです。

マッサージが医療の面はもとより病気予防体質の改善などを目的で行われる保健・強壮マッサージ。
労働能力の向上図るための産業マッサージ。
パフォーマンスを上げたりケガ予防、疲労回復するためのスポーツマッサージ

美しくさを保つための美容マッサージなど広い分野に応用されています。

このサイトはあん摩マッサージ指圧の紹介や私の書き散らしたメモ的なサイトです。