あん摩指圧マッサージと3つの手技があるわけですが日本で発展した按摩
と指圧は畳やマットでの施術を想定した方法です。

もちろんベットでおこなうことも出来るのですが、訪問等での施
術は布団やマットでおこなうことが多いのが実情です。

ベットと床での施術はカラダの使い方が違います。
最初学ぶときは、床でのマットや布団でのトレーニングをすること
をオススメします。

なぜなら重心が低くなりベットでの施術も問題なく移行すること
が出来るからです。

ベットからマットへはおいそれとは移行出来ません。
膝がとても疲れるからです。

床での施術の大きなメリットは施術者側が体全体を効率よく使え
ることです。

カラダの負担も少なく、腰などを痛めにくいといえます。
効率よく技をかけることが出来ます。

前の章で書いたように基礎トレーニングは2週間はしつこくカラ
ダに覚えさせていきます。

全身あん摩指圧の形は考えないでもスムーズにカラダが動くよう
トレーニングすることが大切です。

形を覚えたら適切な按摩指圧する場所とリズムです。
指圧ですと大切な3原則があります。

・持続圧
・垂直圧
・支え圧(3原則の場合は集中の原則)

(1)垂直圧は体の面に対して垂直に押すことではなく指圧点が体
幹に対して垂直に指圧することである。

受け手の姿勢、部位によってもそれぞれ指圧点を通じ垂直に圧が
入ること。

同じ背部でも伏臥位と横臥位では圧の入り方が変わるの当然のこ
とである。

練習でこの感覚を習得するには側臥位のトレーニングがオススメ
です。

(2)持続圧は、適切な場所に一定時間以上支え圧で続ける。
(3)支え圧または集中は、寄りかかるように指圧する。

指圧のリズムは初級の場合は、単調に4のリズムをオススメする。

1で適切な圧でポイントを押さえる。
2で持続スタート
3で力を抜いて
4で元に戻る

※押さえると書いたが実際にはリラックスした状態で寄りかかる
感じ。
押さえるは、力では押さえない。
寄りかかるイメージ 体圧。

カラダの重みで寄りかかる感じです。
指圧の流れでは重心移動することで圧が入る。
自分間のカラダを観察すると分かるが丹田で動いている。

一連の流れの姿勢をすり込むことは大きなポイント。
カラダや肩の力が抜けて指圧出来るのが大事

按摩の場合

按摩の場合は、もっとハードルが高い
拇指揉捏という技が習得するには難しいからだ。

親指を固定して手首でリズムを取る。
皮膚と筋肉を揉み返しが来ないように揉むのは難しい。
でも練習するのは大切だが、上手な先生に教わるのが大切。

そうこの技は揉み返しを与えやすい技の1つ。
上手い下手が一発でバレてしまう。
ただこのグイッと揉んだ感じが忘れられないという人もいる。

きちんと使える様になるには数ヶ月かかるだろう。