2015年のはじめに10万円でiMacを買った。
ちょっとお得だと思って買ったiMac。
ただメモリが8メガしかついていない。
増設できると思ったら自分で増設すると保証が解除される仕組み。

安いは高い。結局高いものに付いた。まう仕方がないけど。
増設するときは、アップルストアーに持ち込まないといけない。
そりゃないぜベイビィー
買ったiMacは8メガ。

仮想化ソフトではぎりぎりのメモリ。
仮想ソフトで動かすにはかなりキツイ。
快適なブートキャンプにしていま使っている。

Boot Campでウィンドウズを使うと
Windowsの文字が美しくない。
こんなに文字が貧相だったかなと思ってしまった。

Mac使いはここあたりが結構気になるところ。

なんで仮想ソフトFusionをあきらめたか。
Fusionがシャットダウンしなくなって
焦ったことがある。

その時はVMware Fusion 5.0.3を使って
OSのWIN7がシャットダウン中に突然フリーズしてしまい、
くるくる回っているだけでシャットダウンできなく
なってしまい焦った。

VMware Fusionを再起動しても、くるくる回って
フリーズしたままです。
調べたら強制終了という手があった。

VMware Fusionの「仮想マシン」→「シャットダウン」を
クリックすると「シャットダウン」が「強制シャットダウン」が
選択できます。

「強制シャットダウン」を選択して強制的に落としました。
こんなのでアホみたいに時間を潰してしまった。
Boot CampはBoot Campで波乱があった。

Boot Campで使うDVDドライブは何でもいいわけではなかった。
Toasterのソフトが付いているやつでは使えなかった。
しかたがないので新しい純正のを買ってすぐにヤフオクで売った。

ただやっぱりBoot Campは面倒臭い。
Macに入れるのもとても厄介。
あれを入れるくらいならWindowマシンを買った方がいいかもしれない。

でもParallelsを入れてみた。
これは素敵!
使い始めて1年。
問題がない。

最近iMacを入れ替えてみた。
すると入れ直してくれという案内。
何度やっても認証できない。
仕方がないのでMessengerでParallelsが答えてくれる。
一日かかったが認証できて問題が解決した。