カカオチョコレートを上手に食べて高血圧抑制できるようだ。
甘党で血圧の高い私には、朗報!

カロリーを摂り過ぎないように、食事前などに1日ひとかけら、約50gを食べるのが、健康効果を期待できそうですね。

カカオ成分に期待される健康作用

○高めの血圧の効果
○糖尿病予防(インスリン感受性の改善)
○心血管疾患の予防
○不調改善と体調アップ
○便秘改善
○血液を凝固しにくく
○肌に対する紫外線の害を減らし、保湿量を高める。

カカオ成分が糖尿病や心臓病などのリスクを下げる期待があるという生活習慣病予防に関する研究です。

参考サイト 国立循環器病研究センター

2005年のイタリアの研究では、カカオ50%のチョコレートを食べるグループとホワイトチョコレートを食べるグループを15日間比べたところ、カカオ50%のグループではインスリン感受性が改善。

ここで糖尿病のリスクを下げるんですね。

カカオを多く含むダークチョコレートは血圧を下げ、ホワイトチョコレートは効果がなかったことが報告されています。

ココアやチョコレートはポリフェノールを豊富に含んでいます。ココアの摂取により血管の機能がよくなることが示されていますし、動脈硬化にもよい影響があると考えられます。

オランダの研究では、チョコやココアを食べている人は、そうでない人に比べて、血圧が低めで、心血管疾患による死亡率が低いと言います。

このことからチョコレートのカカオは、糖尿病予防、心臓病予防、高血圧の抑制、血栓予防などにも効果がありそうですね。
チョコレートが血栓予防に有効であることも示唆されているんですね。

チョコレートのカカオは、ダイエット効果にいいそうです。

チョコレートダイエット

この数値が改善されると言うことは、
脂肪細胞に脂肪を溜めにくく、太りにくい体に。
カカオのポリフェノールは、脂肪燃焼を促すと言います。

さらに、 カカオの苦味成分は、血流を促し、
代謝を活性させる効果も。
しかし、チョコレートは高カロリーなので、食べすぎには注意。
1日50g程度に抑えたいですね。
カカオには過度な食欲を抑える成分も入っているので、空腹時や食前に少量のカカオチョコレートを食べると良いと言います。

常識ってすぐに変わりますね。
私が20代まではチョコレートは、体に悪い食べ物の一つでした。
特に糖分。

みのもんたさんの番組でカカオチョコレートの効果が放送されてその日からココアが一斉にスーバーから消えました。

あの光景衝撃でした。
2000年は、健康志向時代に突入してた予感です。
これは、高齢化も大きく関係しているでしょうね。