スポンサードリンク

ビッグカメラのMacアップグレードプログラムを使ってみた

愛機iMacがヘタってきた。
2012年のiMac。core i7のメモリ16Gのバリバリマシン。
さすが仕事だと5年くらいが限界か。

 

この暮に向かって20万も現金が用意できない。
リースというのがあったのを思い出してビッグカメラに相談してみた。
ローン会社の審査も30分くらいで通り、メモリが交換出来る27インチのiMacを選んだ。

 

Mac (Retina 5K, 27-inch, 2017)
3.4 GHz Intel Core i5

 

お古のiMacはピッカピッカに磨いてオークションに出したらすぐに売れてくれた。
これでメモリを増設してみたい。

 

今度からは、二年後は毎回新しいマシーンだ!

 

結局メモリを24Gにしてみた。
Core i5はやはり少しもたつく感じだ。
ParallelsでWindowsを使って1年で諦めた。

 

やたらメモリを食って全然快適でない。
BootCampにしてみたらWindows10がやたら快適。
スマホのアイフォンとMacの共有ができないのが不便だけれど、そこはGoogleとOffice365のサービスで補える。

 

いま2019年になったが、1年後はリースではなく、Mac miniを買って構築したいと思う。

スポンサードリンク