スポンサードリンク

ショップカードやポイントカードを安くて作りやすい店を見つけた

ショップカードやポイントカードをつくろうと思ったが何処で作ったらいいかインターネットを調べても分からない。
予算は一万円程度。

 

ポイントカードは紙が一番。
プラスチックのを使ったことがあるが必要なかった。
色々見て注文しようと思ってもどうやって注文したらいいのか分からないところがほとんど。

 

何件か見積もりをお願いしたら二万円近くて無理だなと思って色々探した。

 

ポイントカードなので高級なのはいらない。
電話番号が大きくてポイントのスタンプのスペースが作られていて裏表印刷して一万円くらいの予算が希望。

 

素人向きの素人で分かるショップはないかとなり調べたらやっとあった。
しかも自分でデザインがけっこう簡単に出来た。

 

 

備忘も兼ねてここで注文した
イロドリというショップ
1000枚6000円で出来た。

 

出来上がりは予想以上に良かった。
チラシも今度はここでお願いしようと思う。

 

必要なソフトは
・Word
・Illustrator
・Photoshop
・PowerPoint

 

上のソフトのどれか一つ
簡単なのはテンプレートを使うことだ。
自分のイメージである程度出来た。

 

イロドリ のトップページから
> ご利用の手引き > データ作成用テンプレート
>名刺印刷

 

スタンプを押す場所は表を挿入して作った。

 

 

最初カード・ハガキ印刷でやろうと思いましたが上手く行きませんでした。
チャットですぐに相談できたのが良かったです。

 

校正も二度ほど直接電話をいただき教えていただき最後にゴール!
最後はPDFに保存して入稿しました。

 

他のショップは素人には敷居が高い。
もう少し素人でも適当に出来るような書き方で紹介して欲しい。
名刺もショップカードも注文するのは難しすぎ。

@LINEで簡単にポイントをつけることが出来る

スマホに抵抗がなければ、店舗用のLINEがおすすめです。
@LINEというのがありますが、私のところでも無料で作って使っています。
ポイントカードはかさばって忘れたりしますがスマホは、忘れる人は少ない。

 

スマホを使い込んでいる人でしたなら手軽にLINEでボイントをつけることができます。
そして案内や予約受付もLINEでできます。

 

LINE@

スポンサードリンク