スポンサードリンク

出張マッサージ・指圧専門で開業するポイント

ここでお話する訪問マッサージは、介護系ではなく実費での出張マッサージの場合です。
出張専門の開業はよくある開業形態です。
私も最初の二年間は出張専門でした。
出張専門は患者の自宅に直接出向いて施術を行うというものです。

 

店舗構えての開業ではないので初期投資経費を抑えることができます。
とにかくお金がかからないのがこの開業スタイルです。
とても喜ばれます。

 

店舗を構えると家賃、光熱費がドトっとかかりますが出張はほとんどかかりません。
月々の経費も大した額ではありません。
元での資金が少なく借りることも難しい場合にはおすすめの開業形態です。

 

出張訪問マッサージでのメリット

なんといってもお金がかからない。
貯金は貯まりやすいです。

 

出張訪問マッサージでのデメリット

体力

若いうちはいいのですが年齢も50歳に近づくと専門で行うのは体力的に大変だなと感じることがあります。
私は45才辺りで疲れるなと感じました。

 

当初はオートバイで訪問していましたが、歌の文句じゃないですが晴れた日ばかりではなく雨の日も風の日も雪の日も嵐もあり途中て軽自
動車にしました。
それでもやはり夜中までやっていたのでちょっと疲れました。
専門でやるとなるとカラダに負担のない環境を考える人用はあると思います。

 

開業する場所に左右される

需要のある地域かどうかの調査は必要です。
要はマーケティングの調査です。

 

口コミが発生しにくい。
口コミで患者が増えるということを期待できない。
人の家に行くというのはスゴイことなんです。

 

人のいろいろな状況知るわけですから、知り合いには紹介される確率は低いです。
また紹介したら忙しくなって自分がかかれなくなるという方もいます。

 

集客が気長に確実に継続的に
新規の患者が集まるしたがって根気よく継続的に広報活動行う必要が
あります。

 

出張・訪問マッサージ指圧で効果的な広告は

  • チラシ
  • 新聞の折込
  • タウン誌の広告

 

移動の時間的ロスがある。

移動による時間のロスも欠点の1つです。
都心だと大体15分くらいの移動時間で自転車でも結構な距離を移動できます。

 

郊外だとその移動時間の交通渋滞等を考える必要があります。
私は自動車での移動の場合は20分くらいみていました。
他の地域ではリサーチされた方が無難だと思います。

 

 

 

訪問マッサージ指圧の地域を決めるポイント

訪問する地域を決めることは大事なことです。
これが自分の商圏になります。

 

1キロ以内なのか、5キロ以内なのか。
ここはしっかりと線引きします。

 

 

院内の場合ですと、都心でチラシで効果が多いのは、半径1キ
ロ圏です。
ここでは、

訪問なのでもう少し範囲が広くなります。

 

郊外だと半径3キロ内にしておきます。
車やオートバイで20分圏内にします。

 

※相手の引っ越しなどで仕方なく40分という距離で仕事もしたこ
とがありますが効率はかなり悪くなります。

 

訪問地域を決める

 

訪問地域がわかれば、何度も繰り返しチラシをまくことができます。
訪問地域に何度も繰り返しチラシをまくことは、有効だからです。

 

訪問地域が決まったら

 

訪問地域が決まりました。
地図を見て、「よし、このエリアで勝負しよう!」と 目標が明
確になります。

 

訪問地域がわかれば、ポスティングも折込チラシも簡単です。
折込む部数も、範囲も、把握できます。

 

訪問地域に、何度も、繰り返し告知しましょう。
チラシの内容も その都度、見直します。

 

これを何度か繰り返すうちに、より明確に効果的な範囲が分かっ
てきます。
その訪問地域こそが、宝となるのです。

 

チラシを配るポイント

 

商圏が決まったら、2度ほど絨毯攻撃と呼ばれる手法でチラシを
丁寧に配りましょう。
必ず偏って連絡のある地域が出てきます。

 

新規が多い地域です。
そういうところは3度目から集中して配ります。
4度でも5度配っても連絡の多い地域はあるものです。

 

連絡のない地域は、時間が経過して連絡が来ます。

 

なのでそういう地域は焦らないで数ヶ月に1回程度でかまいませ
んので思い出したように
ポスティングしてみましょう!

 

目標と目安はチラシの場合は付きに1万枚です。
都心だと毎日500枚程度のチラシを配ります。
1〜2時間程度で終わります。

 

配った地域はしっかりチェックしてデータを取っておきましょう!

スポンサードリンク