スポンサードリンク

経絡についてや診断法について

鍼灸、あん摩指圧マッサージはいくつかの診断法で問題点を探っていきそれを参考にして施術に役立てています。

 

 

経絡はあるのかないのか?

臨床現場に出ると経絡現象を観察することになった。
施術を受けると体験としても経絡現象が出てくる。
最初は経絡を信じていなかったが、認めざるを得なくなった。

 

卒業してから呼吸器疾患で来院した人がいて胸から喉にかけてつまる感じがして、辛いと訴えてきた。
今思えば、ウツから回復期の人だ。
どうにかならないかと言われ普通の首こり肩コリ指圧をした。

 

ガチガチに凝っていたがこれを弛めて次回様子を聞かせてもらった。
二回目の時に、つまり感はあまり変わらないとのこと。
経絡図を眺めていて呼吸器は何処だ?と。

 

当然肺経。

 

喘息の時は、尺沢というツボを思い出して尺沢のコリの強い所を持続圧をしばらくかけてみた。
そうしたら患者がウォーと声を上げて下腹部から付き上がってくるのは何ですか?と聞いてきた。
何処まで上がりますか?と聞きながら教えて下さいとイイながら持続指圧を続けた。

 

気管支を通って喉でぶつかっていると。
ここで何で下から気管に上がったカンジがするのかと思った。
そうだ、これは流注じゃないかと気がついた。

 

実は腎経でも上に上っていった。
こういう体験を何度も繰り返すと流注は大切で感じる人には使えると思った。
経絡を動やったら覚えられるかという人がいるが、これは体験や体感、イメージで刷り込むのが身に付くのではないかと思います。

 

奇経を含めてああいうカラダのシステムがあると実感しています。
こういう経絡の感じは出る人と出ない人がいる。
最初はこういうことが分からなかった。

 

下手くそだから経絡ヒビキが出ないと自分を残念に思っていた。
そういうのもあったと思うけど今はそういう体質の人がいるんだと思う。
そうでない人もいる。

 

あれば経絡が参考になる。
なければ、触った感じで筋肉や皮膚が「ゆるむ」「ゆるまない」などの変化が分かることだ大切になる。
どっちも出来ることが大切だと思います。

経絡・診断法記事一覧

経絡テストは向野義人先生が発表された検査法です。現在M-TESTと呼ばれた方法になっています。どの場所に問題点があるのか知るには非常に役立つ検査法です。私は本だけで学びましたが再現性のある検査法でよく使います実は学生時代から経絡について懐疑的でした。指圧もどちらかと言うと筋肉的なアプローチが多かったのです。私自身は経絡敏感人でしたが、私の患者さんは敏感というほどでもない人が多かったので使えないと思...

学生時代の経穴概論は、漢文を読まされて結構辛かった。大学出の文系の人たちは、それなりに使え使え呼んでいたが、私には非常に苦痛だった。当時の医学史の資料は江戸時代のものだったので白文だった。もっと漢文を勉強しておけばよかったと思ったさ。また疾患の名前も江戸から明治時代の単語と旧漢字だったので余計外国語を読んでいるようだった。全くいつの時代の教科書なんだと思ったら昭和15年皇紀2600年の秋になってい...

最初に習う経絡は肺経です。なかなか経絡は実感できると面白いのですが、はおそらく一定数の人たちは、経絡ヒビキを感じない。これは、施術していても「経絡を感じる人」と「経絡を感じない人」に分かれるからだ。理由は分からないがこれは「体質」というものなのかもしれない。また薬を飲んでいる人たちも飲む前は感じていたのに、常用してからは感じないという人もいる。経絡を全く感じない人には、反射や改善したのを見届けてか...

大腸経は、よく使われる経絡の一つです。顔の問題では外せない経絡です。大腸経というくらいですので消化器系でもよく使われます。わたしは、遍歴を揉むと大椎に違和感が出ます。示指末端[商陽穴]に起こり、示指の橈側白肉際[肌目の際]を循り、第1中手骨と第2中手骨の間[合谷穴]に出て、橈側に沿って上り、肘窩横紋の外端[曲池穴]に入る。上腕の外側を上行して、肩峰突起の外端の肩?穴に至り、巨骨穴を過ぎ、大椎穴[督...

胃経は、顔から首、胸、腹、橋を通って足先につらなる長い経絡です。45のツボが並びます。胃経は、お腹の調整ばかりではなく姿勢にも影響し、腰痛にも使われるツボがあります。肺経、大腸経は、経絡図のように感じることが多いのですが胃経となると顔などは、ちょっと順路が複雑でこのような順序で感じるのかどうかは、分かりません。ただ 藤田六朗先生の「経絡学入門 臨床応用篇」という本によれば写真付きで鍼響を幅のあるラ...

脾経の動きは興味深いですね。脾胃と言われ消化器系になります。下腹部を温めたり腰痛などに私はよく使います。足の胃経と脾経を連絡する支脈は胃経の衝陽から分かれて拇指と第二指の行間をめぐって関係と合流して行間の下をめぐって隱白に交わっている。脾経は隱白から始まる。拇指の内側を通り内果の前を過ぎて腓骨の後縁を上行し、膝の内側を通って厥陰肝経と交差し、さらに大腿の内側を上って下腹の衝門、府舎にに至り、府舎よ...

足の太陽膀胱経督脉、腎経と関係の深い経絡です。ともに応用して使います。内臓の反射があり、チャクラとも関係が深い。足の太陽の脈は目の内皆(晴明)に起こり、額(攅竹)に上って(神庭・曲差・五処・承光・通天)頭頂(百会)に交わり、その支は、頭頂より耳の上角(率谷・浮白・竅陰=胆)に至る。その直なるものは、頭頂(百会)より入りて脳を絡い、還って出で(絡却・玉枕)別れて項(天柱)に下る。肩パク(肩と肩甲)の...

手の太陽の脈は、小指(少沢)の端に起こり、手の外側(前谷、後谿)を循り、腕に上りで養老穴に出て直ちに上りで臑の外後廉めぐり、肩解(肩貞、臑兪)に出て、肩甲(天宗、秉風、曲垣)めぐり肩上(肩外兪、肩中兪)(大椎)に交わり欠盆にに入り、喉をめぐり心を絡い、膈に下り、胃にいたり、小腸に属する。その支は別れて欠盆により頸(天窓、天容)をめぐり、頬(観?)に上り、目の鋭皆にいたり、却って耳中(聴宮)に入る。...

少陰心経は、心中に起こり、出でて心系に属し膈を下って小腸を絡う。その支は、心系より上って喉を挟み目に係る。其の直なる者は、また心系より却って肺に上り腋下(極泉)に出づ。下って臑内の後廉をめぐり太陰(肺経)心主(心包経)の後ろを行き、肘の内廉(少海)を下る。前腕内側(霊道・通里・陰?)を通って手関節内側の豆状骨上際(神門穴)を経て、小指の末端橈側に終わり、手の太陽小腸経に連なる。自分は、按摩でよく使...

スポンサードリンク