スポンサードリンク

会社解散と解雇、そして按摩指圧マッサージ・鍼灸学校へ

マッサージ業界に入った理由はいたって単純だった。
昭和60年も11月に会社が三度目の解散。
解散するたびにアルバイトを探す状態だった。

 

 

さすがにもう自分の仕事は自分で潰そうと思い出来ることを探し
て資格を取ろうと思った。

 

前の仕事はトラックの運転手だったりレストランの店長だったり
ホテルでのボーイだったり。

 

 

持っている資格は自動車運転免許と高卒の資格。
これだとドライバーにしかなれない。

 

ドライバーも一度故郷でトラック運転手の職についたが仕事がで
きないのてスピード違反で免停になってしまって大都市での移転
を勧められたが拒否して解雇になる。

 

仕事に向いていない。
向いている仕事をしたいと自分探しが始まって、最後に解散した
飛び込んだ世界でした。

 

 

23歳の時に一度田舎で仕事しようと思い開業の出来る学校という
ことで早稲田医療専門学校の鍼灸科を受けました。
当時は学校が少なくて落とされてしまいました。

 

二度の倒産と同じ会社の三度の解散を機に、キッチリと資格を取
ろうと思いました。

 

入学の理由は自分にでも出来そうなこと。(漠然とです)
どこでも仕事ができる可能性があること。
田舎でも外国でも出来そうな商売。

 

学校の試験を調べてみたら11月だったので学校入試に間に合った
というアバウトなタイミングです。
ちょうど2校締め切りに間に合い受かった学校にいきました。

 

 

学校に入学が決まってちょうど結婚する前だったのです。
少しでもお金になり、勉強できるようにと思いました。

 

業界誌の医道の日本という雑誌があるのが分かり求人広告で選ん
だのが整骨院の求人募集です。

 

条件がとても良くカイロプラクティックの勉強ができると思い願
書を持って面接を受けました。

 

学校は二部に入学したので昼間の時間、働いて勉強できるのは有
りがたかったです。

 

ほとんど無知識で入った世界です。
柔道と少林寺拳法をしていたことがあり、少林寺拳法では当時整
体の時間がありました。

 

今思えばストレッチ程度の整体です。
整骨院での作業も最初から無知識のままで前線に入れられました。
今ではありえないでしょうが当時は、かなり乱暴でした。

 

一週間後に学校が始まりワクワクして通いました。
何しろ学校は8年ぶりでした。
毎日新鮮でした。

 

整骨院で知らない年配の人達とお話を聞かされながらマッサージ
や低周波をつけたりホットパックで温めたり。
その当時の整骨院は今のクイックマッサージのような運営もして
いました。

 

保険でマッサージにかかる方が多かったのです。
5分という時間の制約の中で毎日20人以上マッサージをしていま
した。

 

だんだんと人はただ単にツボや揉んだだけでは良くならないとい
うのが分かりました。

 

分からない時は、学校で先生に聞いてみたりして試していました。
私はずっと健康だったので痛みとかダルさの辛さが分かりません
でした。

 

勤めてみて痛みもいろいろな種類があるのが分かりました。
あん摩マッサージ指圧は学校で習った技は効果が出ません。
当然です。技にもなっていない未熟だからです。

 

 

自己流の方が効きました。
師匠に入門したしばらく後は、この自己流の癖を治すのがちょっ
と大変でみした。

 

現場で使える技術は現場で覚える
現場とは、実際に仕事をしている現場でトレーニングしてから使
うことです。

 

使えるレベルにまで練習しないと使えません。
学校やスクールで習った技は?と言うと大事な考え方や基礎です。
ただ現場で使うには、かなり繰り返し練習して削ぎ落とさないと
使えません。

 

そぎ落として一つの型に構築したのが現場の技です。
下準備はとっても大切です。

 

ただ学校に通ったからといって技は身につかないとと思いました。

 

スポンサードリンク