スポンサードリンク

あん摩マッサージ指圧にはコミュニケーションが必要だと思います。。。先日の失敗

今日のボヤキ。
施術は共同作業だと思うんだよね。
できるだけコミュニケーションを取ろうと思ってはいるんだ
けど。

 

 

全く話したがらない人に動揺する。
先日は首のコリがひどくて頭痛がひどい高校生が来た。
確認すると首に玉のようなコリが。

 

押して痛いですかと何度も確認するもあまり口を聞きたくな
いのか痛くないです!としか言わない。
強かったら教えてね?とイイながら強さを調整する。

 

強く感じますか?と聞くも「全然強くないです!」と
強く言うので少し強めに指圧した。
若い子は来院数が少ないのでデータが少ない。
 ←ここ言い訳。

 

ここがうちの弱点だな。
大丈夫かなと若い人の皮膚は柔らかいので気をつけているつ
もりでも強いと打撲のようになってします。

 

次回の予約がキャンセルになってしまったのは頭痛が酷くなっ
たのかもしれないと推測している。

 

若い子には長い時間は禁物だ。
短い時間で回数をかかってもらい経過を観るのがいい。
親から肩と首だけとお願いされてこちらの思考もロックされ
てしまった。

 

もう一人の精神を病んでいそうな中年の方。
やはり無口に近い。
いえば答えてくれるのだがキャッチボールが出来ない。
三回で連絡がなくなった。

 

終了しようと思った直前に来院した男性の方。
これまた無口。
強さを確認するも大丈夫の一言。

 

強さはある程度触って測ることはできるが3割は推測できない。
出来ないので相手に聞いたりしながらその人のドーゼを見つ
けていく。

 

無理に来院しているわけではないだろうが、人に言われて来た
人とか、明らかに人を信用していないとかいう人は苦手。
と今日はボヤキを書いてみました。

 

反省ばかりだ。

 

プラス思考がいいのは知ってはいるがイヤ痛い。。。

頑張らねば。

スポンサードリンク