スポンサードリンク

昭和60年台の按摩マッサージ指圧学校に入ったばかりの風景

私は都心の鍼灸・按摩指圧マッサージ学校に入学しました。
数ヶ月前の11月後半に会社が解散してしまい資格を取って自分で
立ち上げようと思いました。

 

入学したのはこの当時から5年前にマッサージ学校に通われてい
る方がいました。
この方のマッサージ技術が素晴らしくて頭に刻まれていました。

 

当時の学校は、入学が難しかったようでしたが、たまたま受けた
学校がちょっと価値観の違った学校でしたのでコネも寄付金もな
しに入学することが出来ました。

 

当時はコネか寄付金がないと入学できないと言われていたようです。
学校ではマッサージの理論と実技、按摩・指圧の理論と実技を当
時は二年かけて実習しました。

 

一年生の時は整骨院でお手伝いさせていただきました。
ここではいろいろな症状を見ることが出来て感謝しています。

 

 

現在は、あん摩マッサージ指圧師の資格習得に3年かかりますが
当時は2年で取れたので3年生には開業する人がいたりしていま
した。

 

私は病院などに実習に参加し按摩指圧の治療院に勤めました。

 

また当時の担任の先生の治療院に押しかけ鍼研ぎや受付をしました。
3年生の時に学校で伝説の先輩が開業されていてスタッフ募集し
ていたので飛んでいって入ることが出来ました。

 

先生はスポーツのインストラクターをされていたのでイメージ
トレーニングを取り入れられて毎日按摩指圧のイメージトレーニ
ングを体が覚えるまで時間があれば行っていました。

 

最初は暇なので毎日6時間くらいの訓練とチラシ配りなどをしな
がらデビューの日を待ちます

 

入ってすぐの新人は二週間は筋揉みの練習に費やされます。
できるだけ先生のコピーを作って誰でも同じ水準の技術を持った
揉み子を育てるためです。

 

触る、押す、揉む、叩くといったことを単調に切れ間なくスムー
ズに安定して来るようにトレーニングをします。

 

1日の予定

 

朝8時 起床
10時 学校に登校1時間目の授業
4時に終了

 

5時に治療院
6時に仕事に入る。
11時30分仕事終了

 

12時の終電に間に合うように仕事を終わらせます。
しばらくしてからオートバイを買い12時以降も働きました。

 

港区では水商売関係の方が多かったので夜中の一時スタートで3
時に終わることも珍しくありませんでした。

 

形を覚えるのに毎日練習して3週間くらいかかります。
デビューは大体3〜4週間目ですが最初はまずスタッフや知り合
いからです。
指名が来るまでには結構頑張って3ヶ月くらいかかりました。

 

スポンサードリンク