スポンサードリンク

あん摩マッサージ指圧に向いている人、向いてない人

どんな職業にも向き不向きというのがあります。
この業界に向いている人とそうでない人がいます。
コミニュケーションがとれる人で1番大切な部分です。

 

冗談のような話ですが入学してみるとコミュニケーションが取れない人もいます。
勘違いして入学したんじゃないかという人もたまにいます。
コミニュケーション能力は成功するための必須の母力です。

 

あん摩マッサージ指圧師は職人で実力さえあればいいんだと思う方もいます。
でもちょっと考えてみてください。
あなたならどのような人のところに行きますか?

 

清潔できちんと話をきいてくれて的確な施術をしてくれる人ではないですか?
「腕の良い」話しっぱなしの人、「腕の良い」話をきいてくれない人

 

べらぼうに腕のいい先生というのは存在します。

 

そういう先生はコミュニケーションも名人級です。
なぜなら問診能力が上がれば上がるほど問題点に近づきやすいからです。

 

触って分かるのはその次の能力です。
自分の技術を高めてそれを提供してだけいければ、人が集まり次第に繁盛するというわけではありません。
開業して生活が成り立つにはさせるためには患者ときちんとコミニュケーションが取れる能力が必要です。

 

この能力が著しく低いと商売として上手くいきません。

 

 

私の同級生でもが廃業したのは大体このコミニュケーションが取れない人です。

 

 

利用される方の多くは体調が良くなかったりあそこが痛い、ココが痛いと来院されます。
何とか元気にしてあげたいと言う気持ちは必要です。
あなたはもっと元気である必要があます。

 

患者さんは選んで来院します。
実は噂や覗いたりして値踏みしているわけです。
仕事に対する姿勢を見ています。

 

自分のことを考えてみても当たり前ですよね。
1時間に5000円近く出費するのです。
なので施術者は元気で勉強熱心でいろいろなことを質問してもある程度説明してくれたり、カラダを良くしてくれたり。

 

この治療院に行くと元気が出る!
楽になる!
良くなる!

 

そういうことを期待しています。
私達が持っている意識に共鳴してきてくれます。
学べ学べと今さながら再確認します。

あん摩マッサージ指圧に向いている人

 

・人が好きな人
ろ人のカラダをマッサージするのが好きな人
※向いている人はよく人にマッサージしています。

 

・人にマッサージしていると楽しい人
・世話好きな人
・健康に興味のある人
・地域で役立ちたいと考えている人

 

いろいろな可能性があるので私は面白い
仕事だと感じています。
人の体の不思議をよく感じます。

 

明らかに向いていないという人

 

・人が嫌いな人
・働くのが嫌いな人
・コミュニケーションのとれない人

 

・ただお金を儲けたいという人
・不潔な人
・まったくブキッチョな人

 

笑っているあなた!こんな人いないだろうと思っているあなた!
意外といるんですなあ。

 

※カラダを使う仕事なのである程度能力が必要
※程々にブキッチョな人は大丈夫です!

 

才能があるかないかは、やってみないと分かりません。
私も開業するまでドキドキでした。

 

体力を問題にする方もいますが3年間で体力を向上する気持ちであればある程度伸びるものです。

 

健康に不安な方
仕事をするとからだわ壊すのではないかと考えている方。

 

あん摩マッサージ指圧は体力は必要です。
力だけという意味ではなくエネルギーがないと相手とは身体交流が出来ません。

 

気(エネルギー)は流れます。
流れると疲れます。

 

その循環システムを作り疲れない体をつく目メソッドが気功や太極拳、呼吸法だったりします。

 

医師から仕事を止められている程度であればオススメしませんが
そうでなければ体力をつける方法はあります。

 

朝夕のラジオ体操
ゆっくりした運動
・太極拳
・気功

 

・呼吸法
・肥田健康法
・ヨガ

 

スポンサードリンク