6~8月に急増する脳梗塞があります。
最近の猛暑は、昭和の真夏と環境が違っています。
夏のオリンピック、東京オリンピックを他の月にしなくていいのかと思うほどの気温です。

去年の夏は雨が多かったですね。
東京も日照率が低かったような。

夏には、汗が大量に出ます。
汗をかいて水分が外にでると、血液の粘度が上がりドロドロになり、
血液の流れがゆっくりとなります。

血液がどろどろになると、血の塊、血栓ができやすくなります。
血の塊が細い血管に詰ると、血液が行かなくなります。
細い血管の先の細胞が死んでしまうのが夏の脳梗塞。

夏に急増する脳梗塞を食事で予防したいですね。
脳の血管を柔らかくするコレステロール

※コレステロールを摂っていたグループは
血管の障害が少なく、脳梗塞からの回復も早かったと言います。
(スイス ヴォードア大学)


コレステロールは、脳の血管を柔らかくし、保護する重要な食材でした。

コレステロールは悪いものばかりではありません。
コレステロールには、悪玉(LDL)コレステロールと善玉(HDL)コレステロールがあります。
悪玉(LDL)コレステロールを抑える食材を摂り、善玉(HDL)コレステロールの入っている食材をパランスよく取るのが重要です。

医学博士 高田明和先生おすすめは「タマゴ」。

タマゴのコレステロールは、脳血管を保護。
そして、タマゴのDHAは、脳の血流を増加させ、
アラキドン酸は、脳の血圧を調整すると言います。

タマゴの栄養分の吸収を高める食べ方は半熟タマゴ。
栄養の吸収がいいんですね。

レンジで半熟ゆで卵って出来るんです。
知りたい方はクックパッドで確認してみてください。→クックパッドへジャンプ

悪玉コレステロールの吸収を抑えてくれる食材

水溶性食物繊維です。
アボカド、キャベツ、サツマイモ、ゴボウ、枝豆
昆布、ワカメ、ひじきなどの海藻類
りんご、ミカン

みかんといえば皮の白いスジも見逃せません。
白いスジは「ヘスペリジン」と呼ばれるビタミン様作用物質(※)が含まれているんです。
毛細血管を強化し、ビタミンCと一緒に血圧の上昇を抑制してくれます。
中性脂肪を分解する働きもあるとか。

白いスジや袋には、ペクチンという食物繊維が豊富に含まれています。
私は大体みかんは、むしゃむしゃ白いスジをつけたまま食べてしまいます。
ビタミンCも多いので我が家では冬の風邪予防で毎年三箱くらい食べます。

夏に脳梗塞を起こしやすいのは昼食の時など、長い時間動かず血圧が下がっているときに、急に立ち上がること。

細い血管に血液がいかなくなったりして、脳梗塞を引き起こすと言います。

血圧の低下を防ぎ、脳の血流を正常に保つには、立ち上がる前に、お腹にお腹に力を入れるといいと言います。
ちょっとした腹筋運動ですね。

夏は外出のときの暑さ、光やストレスなどで、血管が詰りやすくなります。
外から帰ったら、くつ下を脱ぐといいんですって。
足の裏を冷やし、血圧を上げます。

また、うなじを冷やすこともいいんですね。
心臓から脳への血液が冷やされます。
脳内を冷やすと同時にリラックス効果もあると言います。

今回は脳の血管を守る食材はタマゴ。
そして半熟タマゴで摂る。

 

長い時間動かず血圧が下がっているときは、お腹に力を入れてから立つ。外出から返ったら、くつ下を脱いで足の裏を冷やし、血圧を上げる工夫。

また、首筋を冷やすことで、脳を冷やし、リラックス効果を!

ちょっとしたことで予防できる夏に急増する脳梗塞。
脳の血管を柔軟にして保護したいですね。
帰宅後はちょっとした工夫で血圧をアップして正常に。