スポンサードリンク

日本の霊術・手のひら療法・手かざし

手のひら療法は、古くから行われている療法の一つです。
宗教的な形で伝わっていることが多く、ヨーロッパでは魔術としても伝わっている。
気功では、外気功と呼ばれています。

 

明治後半から大正時代、昭和初期に霊術がブレークしましたが、国から大弾圧があり潰されたこともあります。
1970年代に中国で気功法が公開され日本でも1980年代後半に気功の一大ムーブメントが起きたのは、記憶されている方もいることと思います。
1995年にサリン事件が起こるまでテレビでは心霊ブーム真っ只中だった。事件の後、テレビ番組から一切消えてしまった。

 

手のひら療法という霊術

現在も日本には、いくつかの手のひら療法が存在しているのを確認することが出来ます。

  • プラーナ療法/長生学園
  • 臼井式霊気療法(アメリカから逆輸入で1980年代にレイキとして上陸しブレークしました。)
  • 平田式触手
  • 太霊道/霊子潜動法/※中国の気功にも影響を与えたと言われている。
  • 大本教/霊気療法
  • 世界救世教/浄霊
  • 黒住教/手あて療法
  • 野口整体/愉気法
  • 西式触手法
  • 西村大観の触手療法
  • 手あて療法/江口俊博氏 創意
  • プラナ療法/山田信一氏 創意
  • 人体放射能療法/松本道別氏 創意
  • 手あて療法/江口俊博氏 創意
  •  

 

自律調整法

日本には自律調整法といわれるものがある。日本では霊動という言い方をしていた。
中国では自発動功と呼ばれている。
現在自律調調整法でよく使われているのは、野口整体の活元運動と自然波動法です。

 

 

【活元運動〈野口整体〉】

 

【自然波動法 〈小室昭治氏創意〉】

 

【岩田式本能療法〈岩田篤之助氏創意〉】

昭和初年に数万の門下生があったという。
精神医学の世界的権威 森田正男博士から「事実唯真」と称賛をあびたという。
岩田氏がこの療法を創始するに至った動機は娘さんが重いリュウマチで不治の難病にかかっていたそうな。

 

家から14〜15里離れた山中に妙見堂があり、ある日お告げがあったそうだ。
もし信仰すれば13日で治るということだった。
そこで「精神をしずめ、自我をみて、神仏に合体する構えになり清水を供えて、その水を悪いところにぬれ」というお告げがあったので自宅に帰り神前に座る突然体が倒れて動き出したという。
こんなことを繰り返し13日間たつと全快したそうだ。

 

【石原式健康法〈石原昊三郎氏創意〉】

白隠禅師の「夜船閑話」に啓発され自分の身体、生理を通してこれを実証する。

 

【自律療法〈川崎玄心氏創意〉】

 

【生気自強療法〈石井常造氏創意〉】

経絡指圧の増永静人氏も学ばれた生気療法です。

 

【リズム療法〈今村昌一氏創意〉】

今村昌一氏は医師でしたが54歳の時ご自身の体調不良で
苦しんでいたときに自分の身体を観察しながら開発した方法である。

 

リズム療法

 

日本の自律調整ではないですが、こちらで紹介します。

 

【スブド】

インドネシアではラティハンとスブドという宗教団体はよんでいます
スブドは、バパ・ムハマッド・スブー・スモハディウィジョヨという名前のインドネシア人です。
1925年、彼が24歳のときに自然にラティハン〈自律運動〉という現象をうけました。

 

日本の気功法 自然波動法を体験してみた

一指禅気功を学んだ後に日本の気功はあるのかと探してみた。
1990年台に出会ったのが自然波動という気功でした。
私は一年間のスクールに通いました。

 

最初に小室昭治先生に「気の通り具合をチェックします」といわれ後ろ向きに立っててと指示されました。
立ちすくしていると膝が折れて正座の状態になってました。

 

あれれと驚いていたらお辞儀をして手が前に出てお坊さんがスルように手のひらが裏返ってシャクるような動作になったのにはさすがに驚いてしまいました。

 

瞑想法と自然波動法の立禅と自然波動が中心でした。
自然波動で面白いのは体が動いて自己調整するところです。
こんなに動くのかなというほど調子が悪い場所は動きます。

 

また声を出したくなる時は声を出して調整します。

 

夏は滝行。
冬は禊で体の学びをします。
非常にスピリチュアルな学びでした。

 

自然波動法で行う呼吸法の一つに神道の呼吸法があります。
古神道での呼吸法のようです。
全身の毛穴から気が噴出すような呼吸法でした。

 

自然波動

石原克己氏の丹田活性化エネルギー、ポラリティ(極性療法)、経絡チャクラヒーリングに参加してみた

石原克己氏の丹田活性化エネルギー・ポラリティ(極性療法)のセミナーに参加しました。
石原克己氏は鍼灸師の方で東京九鍼研究会の代表です。
レイキマスターでもあります。

 

体験てみてスゴい!と思いました。
先生もスゴいですが自分のカラダも改めて見直すことが出来ました。
ご縁のある方は体験されてみるといいですね。

 

丹田活性化エネルギー・ポラリティ(極性療法)
経絡チャクラヒーリングも一緒に教えていただきました。。
気に包まれた感じは驚きでした。

 

いつもこのようなセミナーは開催されていないのですが、定員は50名でも比較的はやく受付が終了ししまいます。
レイキ、鍼灸師関係の方の参加が多かったですが一般の方も参加されていました。
8時間ほどのワークショップですがぎっしりと詰まって充実したワークショップでした。

 

今回は東京九鍼研究会の方のFacebookの募集で参加してみました。

スポンサードリンク