昨年のiPhone7の発売日は朝から大騒ぎだ。
auは朝からライブ放送していて8時の開店にはカウントダウンで盛り上げていた。
前回のiPhoneは売れていた。

1.円高で値段が下がった。

iPhone 6sより安った。SEも安くなった。
SEに買い換えようかと昨年は思ったけれどすっかり熱が冷めてしまった。

2.おサイフケータイと防水

これだけで買い換えようと思うAndroidユーザーはいたと思う。
だってこれがネックだったからね。

3.キャリアの新しいデータプラン

これは、デカイ人多いだろうね。
わたし7ギガで間に合うかたまに足が出る。
光回線とかない人で動画見ること多い人はありがたいサービス。
MVNOから戻ってくる人がいると思う。
ビッグデータがお安くなりました。

4.iPhoneの優遇政策

なんてったってiPhoneは、高そうで安く手に入る。
例えば
・キャッシュバックが10,000円
・6sに機種変だと15000円+10000円
・5sの下取り 22000円

最低32000円は安くなるから。
iPhone7の32ギガ 79,200円
約47000円で手に入るっていうのは嬉しい。

これは去年の話。
今年は政府が介入しこういうメリットがなくなった代わりに新しいプランが出て使い方によっては格安スマホよりお得かなというプランが出てきた。

今年のiPhone8、X。
話題になって入るがワクワク感も盛り上がりもない。
来院者でiPhone8手に入れていた人はひとりだけだ。
7でも6sでもまだまだ現役で使い勝手はいい。

Androidも8.0になり魅力的な機種が増えている。
4年近く新しいiPhoneを手にしていない。
iPad mini4にしてしまったがinstangramがスマホでないと使えないことに気がついた。

新しいお安いAndroidにしようかiPhoneSEにしようか悩ましい。
更新月が1付きなので考えてみたい。