スポンサードリンク

按摩指圧マッサージの実際記事一覧

施術中に体が動き出す方がいます。自分の意識で止まるのですが、動き出す方がいます。この働きは自動運動、本能運動、活元運動、自発動功などと呼ばれる体の動きです。指圧の後や最中に体を動かしたくなったり軽い心地のよい筋肉の痙攣のようなのも出てくる時があります。この現象は体の自動調節です。この現象を利用した療法が現在は自然波動法や野口整体で学ぶことが出来ます。まれに仕事中にこの現象が起きる人がいます。止めな...

この写真の本の中で指圧の要領が書かれている。これは普遍的なものなので書き出してみたい。何事にも要領がある。要領を得ると否(いな)とは結果に於(お)いて大いなる相違を来す。指圧療法にもいろいろの要領があるが、茲(ここ)に於(お)い特に注意すべき指圧手技中指頭法について述べることにする。指頭法即ち指圧法は、単に指頭で指圧を加えさへすればよいと云うものではない。初心者の陥り易い悪癖を挙げて其の要領を説明...

プロで仕事をしている方なら強揉み、強圧し、弱揉み、弱圧しというのは存在しません。というお話を。按摩指圧やマッサージなどの力加減について、クライアントにしてもセラピストにしても力加減が問題となります。前にも書いていますが強さ加減は最初全くわからないのが普通です。どうやったら分かるか?聞きながら強さを掴んでいきます。そして失敗しますのでそれを修正して制度を上げていきます。人の体は体質も感受性も違います...

指は鍛えたほうがいいのか?という話もあるけれどチカラの余裕があることはいいことだ。按摩指圧では確かに親指を酷使した。一度痛めてから人差し指の第二関節で揉むように工夫したらそのまま出来るようになった。必要は発明の母だ。増永静人先生もかいていたが指にタコが出来るほど酷使する必要はないと思う。ただある一定の力があったほうが明らかにいろいろな方に対処することが出来る。強さの強弱は補瀉の効果に関わります。弱...

2年くらい前に国会議員の方がクイックマッサージで骨折されていて少し話題になりました。無免許だからとか、いろいろ批判はありましたが事故は起こしたくなくても起きるものです。気持ちいいという圧でも人によっては簡単に骨折します。病的な骨は外から分かりません。資格を持っている人はより注意深く施術するべきです。と自戒を込めてシェアさせていただきます。あん摩マッサージ指圧の事故で苦い思い出は骨折。その次にヒビ、...

上手な按摩・指圧・マッサージって何でしょう?誰が評価するのでしょう?評価するのは他人です。そうなるためにはどうしたらいいでしょう?上手な人の技術を真似るのが早いです。では上手な人は誰でしょう?誰が上手って判断しますか?他人ですか?一番確かなのは自分で体験してみてこれだって思う先生を自分で探すことです。これはスゴく重要です。学校では、当たり前ですが食べていくだけの技術は教えてはくれません。試験に受か...

スポンサードリンク