足の太陽膀胱経
督脉、腎経と関係の深い経絡です。
ともに応用して使います。
内臓の反射があり、

足の太陽の脈は目の内皆(晴明)に起こり、額(攅竹)に上って(神庭・曲差・五処・承光・通天)頭頂(百会)に交わり、その支は、頭頂より耳の上角(率谷・浮白・竅陰=胆)に至る。

その直なるものは、頭頂(百会)より入りて脳を絡い、還って出で(絡却・玉枕)別れて項(天柱)に下る。肩パク(肩と肩甲)の内をめぐり、脊を挟み(大杼・風門・肺兪・厥陰兪・心兪・膈兪・肝兪・胆兪・脾兪・胃兪・三焦兪・腎兪・大腸兪・小腸兪・膀胱兪・中リョ兪・白環兪)腰中に低り、入って腰部の腎兪に至って内に入り腎を絡う。

さらに下降して白環兪に至る。その支脈は腰中から仙骨の八髎をめぐりここにおいて膀胱を絡い臀部を貫き下って承扶からだいたい後側を下る。膝窩に至って膀胱第二項線とココで合流する。

膀胱経第二項線の支脈は、天柱から別れて肩甲骨の内縁に沿って下行する。
これは督脈より外方三寸を下行している。附分より秩辺に至り、ここから横に左右に開いて少陽胆経の環跳に入る。
環跳より出て大転子の後ろをめぐり下って膝窩に至って委中で交わる。さらに下腿の後側を下って外果の後側、踵骨を絡い第5趾の外側からその端、至陰に終わる。


原穴:京骨
募穴:中極
兪穴:膀胱兪

膀胱経の殆どのツボは使うことが多い。
反応が結構あるからだ。特に内臓関係の調整には欠かせない。
背部と腹部は、デルマトームの関係で見直すと面白い。

晴明(せいめい)
攅竹(さんちく)
神庭(しんてい)
曲差(きょくさ)
五処(ごしょ)
承光(しょうこう)
通天(つうてん)
絡却(らくきゃく)
玉沈(ぎょくちん)
百会(ひゃくえ)
天柱(てんちゅう)
大杼(だいじょ)
風門(ふうもん)
肺兪(はいゆ)※魄戸
厥陰兪(けついんゆ)※膏肓
心兪(しんゆ)※神堂
膈兪(かくゆ)※膈関
肝兪(かんゆ)※魂門
胆兪(たんゆ)※陽網
脾兪(ひゆ)※意舎
胃兪(いゆ)※胃倉
三焦兪(さんしょうゆ)※肓門
腎兪(じんゆ)※志室
大腸兪(だいちょうゆ)
小腸兪(しょうちょうゆ)
膀胱兪(ぼうこうゆ)
中膂兪(ちゅうりょゆ)
白環兪(はっかんゆ)
上髎(じょうりゅう)
次髎(じりゅう)
中髎(ちゅうりゅう)
下髎(げりゅう)
会陽(えよう)
承扶(しょうふ)
殷門(いんもん)
浮ゲキ(ふげき)
委陽(いよう)
委中(いちゅう)

第2胸椎
附分(ふぶん)
魄戸(はくこ)
膏肓(こうこう)※厥陰兪
神堂(しんどう)※心兪
イキ(いき)
膈関(かくかん)※膈兪
魂門(こんもん)※肝兪
陽網(ようこう)※胆兪
意舎(いしゃ)※脾兪
胃倉(いそう)※胃兪
肓門(こうもん)※三焦兪
志室(ししつ)※腎兪
胞肓(ほうこう)
環跳(かんちょう)
秩辺(ちつべん)
合陽(ごうよう)
承筋(しょうきん)
承山(しょうざん)
飛陽(ひよう)
附陽(ふよう)
崑崙(こんろん)
僕参(ぼくしん)
申脈(しんみゃく)
金門(きんもん)
京骨(けいこつ)
束骨(そつこつ)
通谷(つうこく)
至陰(しいん)