経絡を覚える・心経

スポンサードリンク



少陰心経は、心中に起こり、出でて心系に属し膈を下って小腸を絡う。
その支は、心系より上って喉を挟み目に係る。
其の直なる者は、また心系より却って肺に上り腋下(極泉)に出づ。
下って臑内の後廉をめぐり太陰(肺経)心主(心包経)の後ろを行き、肘の内廉(少海)を下る。前腕内側(霊道・通里・陰郄)を通って手関節内側の豆状骨上際(神門穴)を経て、小指の末端橈側に終わり、手の太陽小腸経に連なる。

自分は、按摩でよく使用するツボが多い。
長年の首のこりが強い人には、よく反応が出ている。

首に響く人が多い。
あと心労なども使う価値あり。

  • 極泉
    腋下横紋の中央首コリによく利用する。
  • 青霊
    肘の上三寸(少海)
    上腕二頭筋と上腕三頭筋の接合部。五十肩などの肘の痛みに使用。
  • 少海
    肘窩横紋の内端、曲池のように取穴する。歯痛(使ったことはないがそういう状況があるのかと思う)
    耳鳴り(使ったことはないがよく使われる)
  • 霊道
    神門穴の上一寸五分
    ※尺側手根屈筋の腱の中に取る。
    ※霊道から神門まで手首を内側にして施鍼施灸する。
    ※おそらく肺経の太淵、経渠、列欠のようにゾーンとして反応のあるところに取るのではないかと考える。

    心臓関連

  • 通里
    神門の上一寸
    ※霊道から神門まで手首を内側にして施鍼施灸する。

    心悸亢進、心臓衰弱

  • 陰郄
    神門の上五分

    心悸亢進、心臓病

  • 神門
    豆状骨の上際の陥凹部
    動脈を狙う。

    ここは、よく使います。
    沢田流神門は、特に便秘に効果あり。使って下痢させたことがあります。
    最初冗談だろうと思って同じ人がまた便秘になった時に沢田流を使ったらまたゆるくなったことがあります。
    何らかの条件で腸を刺激するんだろうと想像します。

  • 少府
    腕関節から第四第5指中手骨間を押し上げて止まる陥凹部

    心悸亢進、遺尿、膀胱関連
    ※意識して使ったことがない。

  • 少衝
    第五指 爪甲根部、爪甲去る韮葉のごとし

    按摩では、よく使っている。
    心悸亢進などで使ったことはないが、そういう現場では意識しているツボ。

スポンサードリンク