健康

スポンサードリンク

カラッとした布団で安眠

梅雨対策

日本には四季がありそれぞれの季節によって湿度や温度が大きく変わってきます。
春がすぎると梅雨になり、夏は高温多湿。
冬は逆に低温で湿度も低いのです。

 

季節や室温によって布団の種類や素材の組み合わせを変える工夫が大切なのです。
必要なのは布団の中の環境。
例えばパリッとのりの利いたした気持ちがはんがきでは深いでしょう。
布団に入った時中が冷えすぎていれば入眠の妨げになります。

 

布団の中の空間の湿度と温度が重要なのです。
日本睡眠科学研究所の実験によると温度は33度± 1度、湿度は50% ± 5%RHが理想的ということです。
つまりこの温度と湿度の時に髪がえらい安いと言うわけです

 

人間の体は寝ている間に体温が低下したり汗をかいたりします。
梅雨はジトッとした布団は快適ではないです。

 

快適に過ごすには夏の寝具ケアは、シーツや枕カバーはマメに洗うのが理想です。
長時間の布団干しはNG、干すのは正午すぎまでがベストです。
布団自体が熱くなってしまうと寝苦しいです。

 

汗もかいてしまいますしね。
布団は強い紫外線を浴びすぎると傷みがはげしくなります。
晴れ間が少ない梅雨ですが、貴重な晴れ間を利用してこまめに布団を干すことが大切です。

 

蒸し暑い夏の夜、麻の上に寝転んだ瞬間の、ヒンヤリ、サッパリしたした感触が感快適です。

 

麻の敷布もオススメです。

 

そして除湿器、やはり快適です。

 

部屋干しで洗濯物も乾きます。
寝る前にお風呂にゆっくり浸かり、アロマなどで好きな香りを楽しむも良いですよ。
そして瞑想もおすすめです!

 

睡眠に快適なアロマ

ラベンダー

深いリラックスや安眠したいときに。
※個人的には大好きですが強く感じる人もいるようです。

 

セージ

フランキンセンス

過去のいやな思い出を断ち切りたい時にも助けになってくれるエッセンシャルオイル(精油)とされています。

 

瞑想の時にオススメです。

 

ネロリ

深くリラックスさせる効果があり、そして幸福感をもたらしてくれます。

 

セージ

より、高ぶった神経を落ち着かせる効果が期待できます。
※個人的には浄化されるような香りがいいです。

 

セージ

 

最後に心をリラックスさせましょう。


スポンサードリンク