接骨院、鍼灸院、あん摩マッサージ院、指圧院は国家資格のいる
治療院です。これらは国家資格者がいる治療院です。
え〜 知らなかったというあなた。これはライセンスです。

リラクゼーションという言葉が出てきて曖昧になったのが残念です。
リラクゼーションは資格はいらないと宣伝し始めた業界。
あまり取り締まらない行政。

資格のある、なしは何が違うのか?
勉強量が全く違うというのは挙げられます。
保険適用が可能であることです。

国家資格で学ぶことは不要なトラブルを解消します。
施術者も受ける方も安全につながります。
国家資格は、ある程度の基準をクリアしないと取得できないわけ
です。

特に治療院業界に詳しい人やスポーツ関係者は国家資格者を求めます。
また国家資格を持つことで
医療費控除の対象になる領収書を発行することが出来ます。

保険が適用可能

保険が使えると患者は通院費用を抑えることができます。
来院しやすくなります。

保険が適用といっても全てが適用になるわけではありません。
接骨・整骨院の保険が一番利用しやすいですが昨今の事情により
審査も厳しくなっています。

鍼灸・あん摩指圧マッサージ師の資格で保険を使う場合は医師の
同意書が必要になります。

基本的に保険はあまり使われていないのが現状です。
あん摩マッサージ指圧師の場合は介護等で保険が使用されること
が多いです。