正しき指圧の方法
以上幾つかの悪癖を列挙したが、然らば如何に行ふのが最も正しくて効果がある方法かを云へば、指圧部位に指頭部位により爪先部(又は指紋部)をサット當てる。
グット力強く當てるのではない。軽くサット當てるのである。そして當てた間一髪の次の瞬間には被押者が快痛を感ずる程度の圧力にならなければならない。而してその圧力は其の儘即ち同一圧力を三秒なり五秒なり保持して(之が指圧法の生命)其次の瞬間に指頭をサット離すのである。

ただし腹部のみは大体に於いて、漸次に力を加へて、漸次に力を緩めた方が宜しい。
最後に申し上げたい事は、初心者はよく手指のみに力を入れるが、之では疲労し易い。
腕を伸ばして術者の上体の重みを利用して、之を指先に掛けて行ふべきである。