歯痛のツボが初めて使って効果があった日

スポンサードリンク



小学生時代から歯が悪かった。
小学生の五年生のときに町の歯医者さんに思い切り神経を触られて歯医者が怖くなった。
なのでギリギリまで歯医者に行きたいとは、思わなかった。

ある日母親の雑誌を見ていたらツボの話が掲載されていた。
中学一年生の頃だった。
左側の上か下かは忘れたけど2つのツボ「曲池」と「合谷」で歯の痛みが鎮静するという。

たまたま痛みが出たので試してみた。
なんと歯の痛みが止まったではないか。
すーと冷たい空気を歯にかけるとまた痛くなる。

また試すと歯の痛みが無くなる。
これが初めて意識的にツボを使って症状を改善した体験だった。

応急処置として試してみる価値があります。
合谷や曲池は、鍼麻酔で使われるツボです。
私の師匠は、歯医者嫌いの患者さんに拝み倒されて仕方なくグラグラした歯をこの鍼麻酔で抜いたことがあると話していました。

歯が痛み出すは、虫歯が進行して歯医者さんで治療するしかないレベルです。
虫歯は、自然治癒力で治ることはありません。
ちゃんと歯医者さんで治療しましょうね。

歯痛を和らげるツボと使い方があります。
ツボは、「合谷」「曲池」「手の三里」
このツボは反応があればかなり効果的です。

反応とは、コリです。
指圧して圧痛があれば効果あります。
持続的に押してみて歯の痛みが落ち着けば効果あり。

ぎゅうぎゅう押しても効果は少ないです。

これは、私が中学生の頃から自分で試してみて効果を実証していました。
今まで人に試しても100%とはいいませんがかなり効果的な方法です。

これは経絡を使った方法です。
大腸経上の圧痛のところなら効果ありの大いに可能性があります。
「合谷」「温留」「下廉」「上廉」「手の三里」「曲池」

    • 手の三里  曲池の下 指2本
      img_9973
    • 合谷 親指と人差指の間。人差し指の骨に当てて圧痛をチェックする。
      img_9970

そのほか歯痛は、四瀆(しとく)腕骨(わんこつ)

四瀆(しとく) 肘先から指五本。便法として手首から指五本、親指の位置で腕の真ん中。圧痛に取るので圧痛がなければ効果がない。

img_9972

これらは、手にあるツボです。

顎にあるツボ
  • 頬車(きょうしゃ)

耳たぶのすぐ下にあるあごの骨(下顎骨)。
この下顎骨のヘリを、縦にさわりながら下がっていくと、下あごの角(下顎角)。
三叉神経痛を狙ったツボです。

dsgg3ss22

スポンサードリンク