スポンサードリンク

経絡按摩、経絡指圧で使うスジとツボ

経絡按摩や経絡指圧をする場合経絡という筋をとらえながら行なければなりません。
この経絡という筋を使いこなすには見なくても手が自然に動くまで練習する必要があります。

 

経絡はとても便利です。
経絡の緊張や弛みが症状の悪さを表しているからです。
経絡はスジ。体の異常点はツボです。

 

ツボは場所ではありません。
問題になって出てくるポイントです。
ツボが効くのは反応があるときだけです。

 

反射で使うこともありますが体調が悪くなって治療で使うのは反応の出てきた場所のツボです。
問題が起きた場所は時間の経過とともに経絡上の遠位の場所に反応ができます。
このポイントがツボでもあります。

 

ツボの反応は初期は緊張(実)という形で現れます。
時間が経つと表面/皮膚がゆるん(虚)で筋肉または結合織の一部分にコリを作ります。

 

経絡按摩、経絡指圧はこのバランスを回復させることです。

 

よく効く按摩・指圧はこのツボにはまることだ大切です。
この中で参考になった本が何冊かありますが特に参考になったのは二冊です。

 

一冊は増永静人先生の「スジとツボの健康法」

スジとツボの健康法―生命のひびき

 

この中で書かれていた1文がとても共感しました。

 

ある症状に効果のある経穴と言うものが一般的に存在するのではなくて、いま病んでいる病人の症状をとらえるツボを自らその皮膚上に発見することでないといけないのです。

 

ツボがヒビクと言う事は、その病人の施術に必要な場所であり、これをヒビかせる技術を持ったものでないと存在するといえないのと同様です。

 

 

もう一冊が戸ヶ崎正男先生の「思うツボ」

思うツボ 切経探穴の実際および身体部位別ツボの特徴とその変え方

 

按摩の方式は「経絡按摩」詳しいがツボの形態や触り方のヒントは「思うツボ」がお奨めです。
スジの覚え方は何度もツボを確認しながらスジを覚えていきます。
指圧の場合はいいのですが、難しいのは揉捏法です。

 

これは皮膚と筋を垂直に圧を加えて限界手前まで幅とリズムを刻むことを体に覚えさせていきます。
通常は2週間程度目標に覚えます。
揉捏は難しいので焦らないで覚えましょう。

スポンサードリンク