スポンサードリンク

筋肉にも皮膚にも個性がある/適圧を知る

筋肉にも皮膚にも個性があります。
同じ筋肉の名前では呼びますが扱い方は個性によって全く違ってきます。

 

この扱いは体で1つずつ覚えていくしかありません。
傾向と対策はあります。

 

習い始めは学校など休み時間などとりあえず毎日数人マッサージや指圧をして感じを聞いていきます。
気持ちいいと言われればとりあえずこの圧と圧した感覚を覚えていきます。
今分からなくても頭に入れて覚えていきます。

 

数週間か数ヶ月で適圧が分かってきます。
これが適圧のはじめの一歩です。

 

これは学生時代とにかく人に聞いてすり合わせていきます。
数ヶ月もすると得意な筋肉タイプと苦手な筋肉タイプが分かれてきます。

 

苦手な筋肉タイプは上手くいかないタイプです。
上手くいかないとは同じ方法でうまくいかないということです。

 

これに気がついたら方法を変えてみることです。
方法とは例えば指圧や揉みが向いていないといないというタイプが一定数います。

 

下手くそなのかな?と悩んだことがありましたがやり方を変えてみたらスッキリと何度も上手くったことがあります。
その他のやり方は

 

軽擦する
叩く
運動法

 

適圧は軽擦にもあります。
軽いからといって適圧と思ってはいけません。
快刺激が適圧です。

 

※皮膚や筋肉に緊張のない人は快刺激にはなりません

 

 

これらで反応を見てみます。
こうやって1つずつ覚えていきます。

 

きっといつか、はたと気がつくことがあります。

スポンサードリンク