按摩指圧の学習 トレーニングはじめの一歩

スポンサードリンク



最初から正しい位置を押さえられる人はいないと思います。
骨と筋肉の境目も最初は分かりませんが慣れてくると骨と筋肉の
違いも分かってきます。

これすら最初は分かりませんでした。
そこ骨だ!と言われて大ショック!でした。
一応マッサージ学校
3日目にはパッと押さえることが出来るようになりました。

按摩指圧で最初に覚えるべきはスジとツボと手順。
筋、体に巡る経絡を押さえていきます。
最初は、形で覚えましょう。

こういうのは伝統的な習い方ですが今振り返ると正しいと思います。
筋肉と骨の位置を頼りに覚えます。
※慣れてきたら正しい位置を押さえられるようになります。

ここまてで毎日やっていれば分かるようになるまで大ざっぱに
1週間ほどかかります。

形を覚えたら、考えなくても手が動くように練習します。
無意識で全身マッサージが出来るようにする。
最初なかなか覚えられなくて考え考えるのは仕方ありません。

まったく考えないでも一通り全身できるには二ヶ月程度かかったと思います。
最初は考え考え、ここで揉捏して、指圧してなど。
気が付くと出来てました。

効果的だったのはイメージトレーニングです。
実際にその時間をイメージの中でマッサージしていきます。
大抵は全身1時間という枠で覚えますのでその時間に合わせて
イメージの中でもマッサージします。

一時間(一時間のスタイルで覚えたのなら)の形を考えなくても時
間区割りで出来るように練習します。

考えながら探りながらの按摩指圧は気持ちよくありません。
筋(経絡)が当たっているかどうかはモデルに聞きながら自分の体
にすり込んでいくしかありません。

その時どんな感じがするのか相手に聞きながら手に覚えさせます。

おすと気持ちがいいのか悪いのか
もむと気持ちがいいのか悪いのか
さすると気持ちがいいのか悪いのか

どのくらいの圧が快適なのかいちいち言われたことを体にとりあえ
ず覚えさせていきましょう。

最初は分からなくてもこの経験が後々とても役だってくれます。
明日瞬間どんな感じなのか分かるようになります。

触った瞬間、圧が適切なのかも分かるようになります。
これは毎日愚直にやっていることで出てくる感覚です。

自分の思い込みではなく、相手との感覚が合うようになります。

スポンサードリンク