WFAS2日目11月6日の実技セッションタイムスケジュール

スポンサードリンク



WFAS世界鍼灸学術大会は、同時並行的に発表や講演が行われます。
日曜日は特に朝の8時からスタート

会場は、メイン会場のみなので通して見ることが可能です。

悩ましいのが同時並行して講演される鍼灸サイエンティフィックセッション。
なかなか魅力的な講演があります。
これをどのように調整するか。

日時 平成28年11月6日(日)08:00〜
会場 つくば国際会議場 メインホール
テーマ 「美しき鍼灸、匠の技とライフステージ」

 

大ホールでは、8時から100分間、実技セッション3がスタートします。
10時15分辺りから基調講演が続き、ランチョン実技セッションが12時半から一時間ああります。

13時40分辺りから実技セッション4スタートです。
15時30分過ぎ辺りから実技セッション4,5がメイン会場で行われますので実技が見たい方には、うれしいですね。
同じ会場で連続して見られます。

※時間割は、私の推測。ざっくりこんな感じだと思います。

実技セッション3
8:00
〜8:25
●筋筋膜性疼痛や線維筋痛症に対するトリガーポイント鍼治療について

伊藤和憲(明治国際医療大学)

8:30
〜 8:55
●美容鍼と経絡バランス調整

大麻陽子(四国医療専門学校)

9:00
〜9:25
●中年期における愁訴に対する良導絡治療

後藤公哉(日本良導絡自律神経学会 

9:30
〜9:25
●一次性頭痛に対する鍼治療の効果 ―筋肉・末梢神経・椎間関節を目標とした刺鍼法―

山口 智(埼玉医科大学)

実技セッション4
13:40
〜14:00
●韓国における脳血管障害に対する鍼灸治療

Kim Yong-Suk(Kyung Hee 大学(韓国)) 

14:05
〜14:25
●腰下肢症状に対する鍼、あるいは鍼通電療法 - 治療の紹介、臨床データ・基礎データの解説 -

井上基浩(明治国際医療大学) 

14:30
〜14:50
●解剖学的に見た中年期の膝関節痛の鍼灸治療

尾﨑朋文(日本臨床鍼灸懇話会) 

 14:55
〜15:15
●生活習慣病に対する鍼灸治療

中田光亮(東洋はり医学会)

実技セッション5
15:20
〜15:40
●高齢期の愁訴に対する鍼灸治療 「体のあちこちが痛む」
小林詔司(積聚会)
 15:45
〜16:05
●緩和医療と鍼灸

小野博子(東方会)

16:10
〜16:30
認知症の「三焦鍼法」治療

韓 景献 (天津中医薬大学第一附属医院(中国))

スポンサードリンク