Care for the caregiver: Bringing acupuncture to a quaternary care hospital

スポンサードリンク



これを読んで少し興味を持ちました。

目的
care for the caregiver: bringing acupuncture to a quaternary care hospital.
Hospitals in the united states are seeking effective was to prevent “burnout”and”compassion fatigue”amongstaff.

米国の病院は、効果的な「バーンアウト」とスタッフの間で「共感疲労」を防止することを求めている。

Acupuncturists in the united states are seeking ways to integrate into hospitals and prove the efficacy of their medicine.

米国では鍼灸師は病院に統合し、その薬の有効性を証明する方法を模索しています。

To support both goals, an innovative program brought acupuncture students into a hospital facility to treat the staff as a weekly support service.

両方の目標をサポートするために、革新的なプログラムは、毎週のサポートサービスとしてスタッフを治療するために、病院施設に鍼の学生をもたらしました。

方法

through a partnership between AIMC Berkeley and UCFS Benioff Children’s Hospital sa francisco,a “care for the caregiver acupuncture program” was created to provide free,on-site treatments to hospital staff while also giving senior level acupuncture interns the opportunity to treat medical professionals in an integrative setting.

AIMCバークレー校とUCFベニオフ小児病院のサンフランシスコ間とのパートナーシップを通じて、また、シニアレベルの鍼インターンに医療従事者を治療する機会を現場病院スタッフに無料で、治療を提供するために作成された「介護者の鍼治療プログラム」統合を調整した。

The weekly clinic was administered in a “community acupuncture” style that treated participants while sitting in chairs,together in one large room,with relaxing music playing.

毎週の診療所では、椅子に座っている間、音楽をリラックスして、一緒に一つの大きな部屋で、「コミュニティ鍼」スタイルで参加者を鍼治療しました。

The clinics utilized only ear,scalp and distal acupuncture points located below the elbows or knees.Treatments lasted 30 minutes or less to accommodate staff break schedules.Participants answered a survey about their experience.

この鍼灸ルームでは、耳、頭皮や肘や膝の下に位置する遠位経穴を利用しました。
治療には、スタッフの休憩のスケジュールに対応するために、30分以下が続きました。

参加者は、彼らの経験についてのアンケートに答えました。

結果
During a 30-week period between September 2015 and April 2016,1271 acupuncture treatments were provided to 546 program participants from the UCSF staff.
Statistics were gathered about participants age,gender,occupation,chief complain,and previous experience with acupuncture.

2015年9月と2016年4月の間に30週間の期間中、1271の鍼灸の症例はUCSFの参加した5スタッフに546プログラムが提供されました。
統計は、参加者の年齢、性別、職業、主訴、鍼の使用経験について収集しました。

結論

The program exceeded anticipates number of participants,provided treatments,and return visit.The program revealed an excellent method to initiate the integration of acupuncture into hospitals while providing a valuable clinical training opportunity for acupuncture students.

Suggested research includes a study of treatment efficacy for program participants.

プログラムは、参加者の数、治療数は予想超え、
そして、再利用者がいた。
このプログラムは、病院への鍼治療導入を開始するための優れた方法を明らかにしました
プログラム参加者のための治療効果の検討されることを提案する。

スポンサードリンク