WFAS 実技セッション3筋筋膜性疼痛や線維筋痛症に対するトリガーポイント鍼治療について

スポンサードリンク



日時 平成28年11月6日(日)08時
会場 つくば国際会議場 大ホール
備忘 山口智先生

 

日曜日の朝8時という早い時間からスタートするのは、実技セッション3

個人的に見たいのは2コマ。

伊藤和憲先生のトリガーポイントと山口智先生の「筋肉・末梢神経・椎間関節を目標とした刺鍼法」

 

筋筋膜性疼痛や線維筋痛症に対するトリガーポイント鍼治療について

伊藤和憲(明治国際医療大学)

美容鍼と経絡バランス調整

大麻陽子(四国医療専門学校)

中年期における愁訴に対する良導絡治療

後藤公哉(日本良導絡自律神経学会)

一次性頭痛に対する鍼治療の効果 ―筋肉・末梢神経・椎間関節を目標とした刺鍼法―

山口 智(埼玉医科大学)

口演発表がまだWFASから発表されたけれど英語発表なので理解できるかどうか。
口演発表 90題、ポスター発表 約240題近くになる。

プログラムも英語なのでやれやれだ。
こちらは、 実技セッション3とぶつかっていて1時間で6会場で同時スタートなので見たいものをかなり考えていかないと見逃してしまう。

スポンサードリンク