座位での按摩指圧法について

スポンサードリンク



座位での操法は垂直圧が難しい。
側臥位と同じです。
座位で垂直圧がクライアントに無理なく出来れば側臥位の習得は
さほど時間がかからない。

座位はこういう時に活躍する。

・体のバランスをチェックする
・上半身の運動法が関節が自由になるのでやりやすい。
・横になれない人に座位で施術する。

体のバランスを観る

座位は最初体の様子を見るときに左右のバランスと前後のバランス
、体のねじれ具合がチェックしやすい。

座位での運動法

頸部の運動法
肩関節の運動法
腰部の運動法
脊椎の運動法

どういう方に座位が使われるのでしょう?

横になれないという方がいます。
・痛みで横になれない。
・横になれない環境
・髪を乱したくないので横になれない。

頚椎を痛めた方や肩を圧迫すると痛みが出る方など。

髪を乱したくない方というのは美容院に行かれたばかりの方、水
商売の方で仕事前や芸能人の方で舞台前などはで按摩指圧を行い
ます。

座位では、脊椎や腰椎の整体法も出来ます。
座位で難しいのは圧の入れ方です。
垂直圧でそのまま圧すと前に押されてしまいます。

そこで反対側の手が活躍します。
前に行かないように支えます。
効果的に圧が入るようにするためには垂直圧を工夫します。

体に通る圧を工夫します。
これは体得するしかありません。
本を読んでも動画を観ても体得できません。
実践あるのみです。

・出来る人に体験させてもらう。
・出来る人にモデルに座位の垂直圧をしていただき、次に同
モデルに同じように施術してみて感覚を聞きながら同じ垂直圧に
なるように練習します。

・回数を重ねて制度を上げる
・繰り返すことで考えないでも出来るように無意識に落とし込む。
・すぐには出来ないのであきらめない

・出来るようになったら意味や意識を変えるとどうなるか考えた
り試してみたりする癖

上のイラストは江戸時代の百科事典和漢三才図会の挿絵です。
注目すべきは素肌に按摩を施していることです。
オイルを塗って西洋風に施術しているのではないかとも見られます。

スポンサードリンク